ウーバー騒動日本上陸 ライドシェア実験も中止指導  新興サービス、規制と激突

2015/4/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米ウーバーテクノロジーズが2月から福岡市で始めた配車サービス実験に待ったがかかった。一般のドライバーが乗客を運ぶ「ライドシェア(相乗り)」の実用化をにらんだものだったが、いわゆる「白タク」にあたるとして、国土交通省が中止を指導した。ウーバーが展開する相乗りサービスは世界各地で騒動が起きている。「騒ぎ」は日本にも上陸した。

2月5日。サービス開始を見届けるため、福岡に出張していたウーバー日本法人の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]