米との関係悪化 サウジ、投資資継続へ布石 副皇太子が直談判

2016/10/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 【ドバイ=久門武史】世界最大の原油輸出国サウジアラビアがソフトバンクグループと手を組むのは、ムハンマド副皇太子が主導する「脱・石油」の改革を進めるためだ。サウジと米国との関係が冷え込むなか、日本企業と組むことで投資の自由度を確保する思惑もありそうだ。

 原油安で財政が悪化したサウジは4月、副皇太子の主導で改革構想「ビジョン2030」をまとめた。国営石油会社サウジアラムコ株の一部を上場し、調達資金で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:00
7:05
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
19:42
12:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報