/

この記事は会員限定です

人を活かす会社 SCSKが首位に

トップ主導で残業削減 2位・富士フイルム、働き方で対話

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2014年の「人を活かす会社」調査の総合ランキングで、東芝やダイキン工業などが13年に比べて大きく順位を上げた。働きやすい環境の整備や、女性、外国人など多様な人材を活用する取り組みが進んだ。総合首位はトップ主導で残業削減を進めるソフト開発大手のSCSKだった。労働力人口が減り働き方の見直しを迫られる中、調査からは社員を生かす仕組みづくりを急ぐ企業の姿が浮かび上がった。

1面参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン