/

この記事は会員限定です

ギャップイヤー、欧米大学で浸透

日本は10校程度

[有料会員限定]

ギャップイヤー(GY)制度は、欧米の多くの大学で広く浸透している。日本でも東京大のFLYプログラムなど、大学で学ぶことの動機づけや、留学促進、就業意識の向上策として注目が集まる。

国際教養大(秋田市)は2008年度から、9月入学の学生の一部を対象に半年間のGY制度を導入している。同制度への参加を希望する受験生は入試時に、高校卒業後、入学までの半年間をどう活動するかが審査され、合格者は留学やボランテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン