/

この記事は会員限定です

自転車事故の補償増額 来月から、整備済みが対象

高額賠償判決相次ぎ

[有料会員限定]

公益財団法人「日本交通管理技術協会」(東京・新宿)は10月から、自転車が加害者となる事故の補償額の上限を2千万円から5千万円に引き上げる。協会が認定した整備を受けた自転車が対象となる。自転車の運転者側に高額の賠償を命じる判決が相次いでいることなどを踏まえた対応で、整備を促す狙いもある。

補償対象となる「TSマーク付帯保険」は、同協会が認定した「自転車安全整備士」が点検し、安全と認めた自転車に交付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン