/

この記事は会員限定です

(個人情報 保護と利用(下))国際水準との調和を急げ

鈴木正朝 新潟大学教授

[有料会員限定]

ビッグデータ時代を迎え、プライバシー・個人情報保護法制は国際的に激動期に入っている。欧州連合(EU)は2012年に「一般データ保護規則提案」を発表し、米国は「消費者プライバシー権利章典」を公表した。

日本では、政府のIT総合戦略本部が昨年9月、筆者も参加している「パーソナルデータに関する検討会」を設け、今年6月にデータの利活用に重点を置いた「パーソナルデータの利活用に関する制度改正大綱」を決定した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン