/

この記事は会員限定です

電子出版、作家も本格参入

成長するビジネスモデル 既刊作品が続々、絶版復刊も魅力

[有料会員限定]

電子書籍の国内市場拡大を背景に、様子見していた作家たちが自作を電子化する動きが目立ってきた。電子出版の専門会社が作家に働き掛け、紙の本では入手困難となった作品も含め、既刊作品を順次発売する。作家と二人三脚で作品を送り出してきた大手出版社も対応を急いでおり、電子出版拡大へ環境整備が進みそうだ。

電子出版のボイジャーは7月、作家の池澤夏樹氏の小説を電子書籍として初めて発売した。池澤氏の著作権管理会社と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1592文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン