(ネット社会 リスクを知る(2))設定ミスのワナ 個人情報が丸見え トラブルの芽、事前に摘む

2014/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「2013年度事業申請書」「修正予算(案)」「チーム名簿」――。1990年代から災害被災地の支援活動を続けているNPO法人の男性幹部は7月、画面に表示される内部文書の数々を見て青ざめた。

数年前からメンバーや支援者の間で使っていた米グーグルの無料メール共有サービス「グーグルグループ」でのやりとりが、インターネット上で誰でも見られる「公開」の設定になっていた。「勤務先や携帯電話番号、銀行の口座番号…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]