/

この記事は会員限定です

(ロボット 日本の実力(下))人工知能、世界に後れ

IT企業に勢いの差

[有料会員限定]

「席にご案内します。何をしてほしい?」。人型ロボットが少女らを出迎え、席に連れて行った。注文を受けると別のロボットに無線で伝え、そのロボットが飲み物を冷蔵庫から取り出してコップに注ぎ、配膳用ロボットが届ける。同席した女性が「夏目漱石の代表作は何?」と尋ねると「坊っちゃん」などと答える。

慶応義塾大学の山口高平教授が作った「ロボット喫茶店」の光景だ。人工知能を持つ複数のロボットが協調して喫茶店業務を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン