セブンイレブン、タイで独自進化
7600店超、シェア65% 屋台と共存共栄

2014/8/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

北米やアジア、北欧など世界16カ国・地域で5万店を超える「セブンイレブン」。米国生まれのコンビニエンスストアはアジアを中心に拡張しているが、ライセンス権を与えられた運営会社が各国・地域で独自に展開しており、その姿は様々。東南アジアで最大規模のタイでは今年初めに店舗数が7600店を超え、1万店も視野に入ってきた。日本とは異なる形で発展する姿を追った。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]