「究極のエコ」へ燃料電池車が挑む
水素で発電、走行距離長く CO2ゼロなお課題

2014/8/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ガソリンではなく水素を燃料に走る燃料電池車を、トヨタ自動車は2014年度中に市販する。ホンダも15年、日産自動車は早ければ17年に発売する計画だ。走行時に温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を出さない「究極のエコカー」とされるが、本当に環境に優しいのだろうか。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]