ウナギ稚魚減って… 知恵絞る「丑の日」
完全養殖、20年までに商業化めざす 代替品、ナスをかば焼きに

2014/7/29付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

ウナギ店がにぎわう土用の丑(うし)の日の29日。稚魚であるシラスウナギが減少するなか、関係者は昔ながらのスタミナ食を守ろうと努力を続けている。最近は卵からの完全養殖の技術確立も夢ではなくなってきた。一方、意外な食材を使った"かば焼き風"もお目見え。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]