原発のごみ保管「空冷式」に脚光
川内、秋にも稼働で問題再浮上 電源喪失や衝撃に強く

2014/7/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内の原子力発電所が再び稼働しようとしている。全国16原発の先陣を切って、九州電力の川内原発(鹿児島県)が今秋にも運転を再開することになりそうだ。原発が本格的に動き出すと、また、たくさんの使用済み核燃料がゴミとなって発生する。従来のような水をはったプールではなく空気で冷やしながら保管する手法を拡大する検討が始まった。…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]