/

この記事は会員限定です

電子書籍、ルール周知が課題

サービス停止でトラブル相次ぐ 買うのは「読む権利」、利用者と意識に溝

[有料会員限定]

電子書籍サービスの停止に伴って、購入したコンテンツが利用できなくなり、消費者の反発や不信を招く事例が相次いでいる。紙の本を購入する場合とは契約が異なる点に気付かない消費者が多いからだ。こうしたトラブルを防ぐにはどうすべきか。電子書籍サービスの契約条件を載せた利用規約に関する法的な論点や、事業者側の対応策を検証した。(児玉小百合)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1717文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません