糖尿病、多い治療中断
深刻な合併症招く恐れ

2014/6/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

糖尿病は患者とその可能性のある人を合わせると2000万人を超える国民病だ。しかし、痛みなどの症状に直面していないからと、通院をやめ治療を中断する例も目立つ。そのまま放置すれば静かに進行し、重症化して視力が低下したり腎臓の機能が下がったりする深刻な症状が表れる。患者の心がけも重要だが、「医師も患者の行動を見守り、受診中断が起こらないよう働き掛ける必要がある」と専門家は指摘する。

4月、朝日生命成人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]