/

この記事は会員限定です

日本人の仕事ぶり 「働き過ぎ」75%

無理なく働ける制度設計を

[有料会員限定]

労働時間を巡る制度改革が議論されている。政府は働いた時間に応じて賃金を支払う現在のルールを見直して、生みだした成果によって報酬が決まる働き方を導入する方向だ。「ホワイトカラー・エグゼンプション」と呼ばれる制度で、対象者の範囲を定めて希望者が選べるようにする。

だが新しい働き方を心配する声もある。原則として1日8時間まで、1週間では40時間までという労働時間規制は取り払われる。ただでさえ働いている時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン