ネクタイの次は電線

2014/6/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「日本はデンセン病だ」。自民党の小池百合子広報本部長が11日、成長戦略などを議論する党の会合で訴えた。2020年の東京五輪開催を見据え、ロンドンやパリのように電線を地下に通す取り組みをさらに推進する必要があるとの主張だ。

小池氏は3月に党の無電柱化小委員会の委員長に就任した。「クモの巣のような電線が青空を塞いでいるのは先進国の街並みとは言い難い」と、景観への国民の意…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]