/

この記事は会員限定です

科学研究 公正さどう保つ

誠実さ育む環境作り 東北大学大学院教授 大隅典子氏

[有料会員限定]

理化学研究所は小保方晴子研究ユニットリーダーらによるSTAP細胞の論文に不正があったと結論づけた。研究者が打ち込め、社会の期待にも応えられるような優れた研究をどう実現するか。不正は防げるのか。STAP問題で積極的に情報発信する東北大学大学院の大隅典子教授と科学技術政策に詳しい東京都市大学の北沢宏一学長に聞いた。

――生命科学分野は研究不正が起きやすいそうですね。

「日本に限らず欧米でもそうした傾向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン