/

この記事は会員限定です

談志が遺した落語論 立川談志著

人間の本質語る芸への思い

[有料会員限定]

今でも弟子たちによる追悼本の刊行が続き、その影響力が衰えない落語家の立川談志。2011年11月に没するまでの約10年間に談志本人が遺(のこ)した未発表の原稿やメモ、音源などの短いメッセージをまとめた最新の芸談だ。最期まで落語を信じ、落語を通してこの世の何たるかを考え続けた談志の執念が伝わる。

談志が落語を「人間の業(ごう)の肯定」と表現したことはよく紹介されるが、「落語を聴き込めば、人生のトラブル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン