/

この記事は会員限定です

フィリピン、中国人客急増

領有権問題 どこ吹く風

[有料会員限定]

フィリピンはマニラ首都圏の玄関口、ニノイ・アキノ国際空港。プライベートジェットから降り立った数人の中国人観光客は、パスポートを片手に近くで待機していた黒塗りのバンに乗り込んだ。バンは2013年マニラ湾岸に誕生した巨大カジノ「ソレア・リゾート&カジノ」のものだ。

ソレアの2階の高級ラウンジは中国人富裕層向けで中国語を話せるスタッフをマカオから呼び寄せた。観光立国を目指す比政府はソレアと同規模の大型カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン