/

この記事は会員限定です

電王戦、将棋普及の一手

プロ棋士完敗、残念だが… 日本将棋連盟会長 谷川浩司さん

[有料会員限定]

プロ棋士とコンピューターソフトが戦う第3回将棋電王戦は1勝4敗でプロが負け越した。日本将棋連盟の谷川浩司会長は、敗れはしたが、電王戦を通じたファン開拓の重要性を語る。

勝ち越す布陣で臨んだつもりだ。2年連続の負け越しは残念としかいいようがない。

今回、最も衝撃を受けたのは第1局の菅井竜也五段対ソフト「習甦(しゅうそ)」戦。菅井五段は高勝率をあげている期待の若手。まず勝ってくれるものと思っていた。飛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン