/

この記事は会員限定です

グローリー社長 尾上広和氏(上)

折衝重ね調達費3割減

[有料会員限定]
  ■グローリーの尾上広和社長(66)は大学時代の先輩から紹介を受け、1970年に国栄機械製作所(現グローリー)へ入社した。

入社5年目にバス市場の開拓を任されました。運賃を手作業で管理していた時代。貨幣を選別し、機械で管理するシステムを企画しました。

当初、バス会社の反応は乏しいものでした。「なんとしてもバス市場を制覇したい」。理想に駆られ、1カ月間の全国行脚を思い立ちました。4トントラックの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン