/

この記事は会員限定です

人はどこまで速く走れる?

2050年、100メートル9秒3の見方

[有料会員限定]

ソチ五輪とパラリンピックでは、アスリートの高い能力に圧倒された人も多いだろう。人間の運動能力の限界はどこにあるのか。陸上競技の中で人気の高い100メートル走は、科学的に最も研究されている種目でもある。時代とともに記録は伸びてきたが、選手の能力だけでなく、用具などの要因も大きい。科学的に予想すると、今世紀半ばに9秒3に達するという。

2009年の世界陸上ベルリン大会。現在の世界記録9秒58を出したウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン