/

この記事は会員限定です

(診療報酬を考える(下))在宅医療の促進に限界

河口洋行 成城大学教授

[有料会員限定]
〈ポイント〉
○地域ケアを重視する改定の方向性は妥当
○家庭や地域の体制整わず、根強い病院依存
○終末期のルールや慣例、ドイツなどに先例

2014年度の診療報酬改定が3月5日に厚生労働省より告示された。診療報酬とは医療サービスの公定価格のことで、2年ごとに大幅に見直しする。この報酬改定は、医療政策における最も強力な手段の1つであり、以下の2点の効果が期待される。

第一に総額医療費の伸び率を事前に決定し、医...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2940文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン