経常黒字持続の経済運営を

2014/3/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

昨年の経常黒字は3.3兆円とリーマン・ショック前の24.9兆円から大幅に縮小した。燃料輸入増、円安による輸入価格上昇、海外生産移転や輸出競争力の低下などによる輸出低迷で10兆円を超える貿易赤字に転落したからだ。

これら諸要因が短期的に改善する可能性は低く、今年も高水準の貿易赤字が続きそうだ。巨額の政府債務を抱えるわが国で経常収支が赤字に転落する懸念が生じれば、長期金利の上昇を通じ、財政の持続性が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]