/

この記事は会員限定です

三菱重、「民間機」営業益190億円

今期787が貢献

[有料会員限定]

総合重機各社の航空機事業で米ボーイングの最新鋭機「787」が利益に貢献し始めた。三菱重工業の2014年3月期は民間航空機の営業利益が約190億円と前期の2.6倍に増えるもよう。川崎重工業IHIも部門利益が拡大する。787の商業運航開始から約2年が経過。各社とも量産体制に入り、償却費などを吸収できる収益体質になりつつある。

三菱重の連結営業利益は16%増の1900億円を見込む。民間航空機は全体の1割を占める見通しで、前期の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン