/

この記事は会員限定です

(Taxウオーズ)改革 法人税(下)

税のゆがみ 見直す好機

[有料会員限定]

所得はサラリーマン平均の20倍を超える8600万円。所得税はいくらかかるか――。

通常は3千万円を超える。だが肉用牛で生計を立てる畜産農家ならゼロにもなる。「肉用牛の生産は時間がかかり、価格変動も激しく、設備や餌代も高い」(全国肉用牛振興基金協会)として、肉用牛の売却で得た所得には税金がかからない特別な仕組みがある。

例外、税収の1割

会計検査院が2011年の状況を調査したところ、特例の適用を受けた農家の所得は最高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン