/

この記事は会員限定です

NPO出向、本業で武器に

専門知識生かし社会貢献 西武信金、ソーシャルビジネス融資創設

[有料会員限定]

仕事で身に付けた知識や技術を社会貢献活動に生かす「プロボノ」。仕事をしながら休日をボランティアにあてる印象が強いが、活動団体に1~2年「出向」する人が目立ってきた。そこで培った経験が本人の財産になるだけでなく、元の職場に刺激を与えている。

「お待たせしました! 前回お願いした件ですが」――。宇都宮市のオフィスで商談に臨むスポーツ用品専門店大手ゼビオの佐藤幸司さん(28)。今は商品部の一員としてメー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン