/

この記事は会員限定です

弁護士 郷原信郎さん

社会の要請に応える(4)

[有料会員限定]
  長崎地検での活躍にもかかわらず郷原氏は2003年、東京地検公判部にヒラ検事で戻る。桐蔭横浜大学の特任教授を兼職し、次第に独占禁止法やコンプライアンスの研究に重点を移していく。

長崎から戻ったころ、独禁法改正の話が本格化します。公正取引委員会がリニエンシー(違反事実を自主申告すれば課徴金が減免される制度)を導入しようとし、経団連が反対していました。私は以前から経済犯罪の制裁システムをテーマにして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン