/

この記事は会員限定です

弁護士 郷原信郎さん

社会の要請に応える(3)

[有料会員限定]
  1983年、東京地方検察庁で検事としての第一歩を歩み始めた。

検察は独任制の官庁と呼ばれ、新任検事でも一人前に扱ってくれます。取り調べや処分の決定は基本的に一人です。事件には人生が込められ、起訴か不起訴かで本人や家族に大きく影響します。やりがいがありました。公安部で過激派の非公然活動家を取り調べたとき、暴力革命が失敗することを論証し、過激派組織から離脱するよう説得して決断させたこともあります。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン