/

この記事は会員限定です

インド発展へ日印協力を

大塚啓二郎 政策研究大学院大学教授

[有料会員限定]
<ポイント>
○従来のインド経済発展の中心はIT産業
○従来型の発展がこのまま持続可能か疑問
○中国製造業のGDPシェア減はチャンス

5年ぶりにインドのデリーを訪問し、その変貌ぶりに驚かされた。世界でも屈指の立派な空港ビルができ上がっており、街は建築ブームで地下鉄も延長工事が進んでいた。しゃれた店もずいぶんと増えた。その活気と雰囲気は、1990年代後半の中国を見ているようである。車を持つ人々が急に増えたた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2914文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン