「みんなの共感」資金源に
動画・ブログで思い発信 銀行融資 壁厚く

2013/12/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インターネットで個人から小口資金を募る「クラウドファンディング」の利用が広がっている。幅広く情報を提供できるネットの利点を生かし、ブログや動画配信などで物作りやサービスにかける思いを伝えて共感を集める。投資家の興味を引くことができれば、金融機関には融資が難しいプロジェクトにも資金が集まるのが魅力だ。出資者がプロジェクトの顧客になる事例もあり、資金調達以外の利点も多い。

障害者が使う安価なハンドバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]