/

この記事は会員限定です

試練のゴーン日産(2)日本を軽視するな

[有料会員限定]

「インフィニティという世界ブランドに統一すべきだ」

「いや、このクルマだけはゆずれない」

来年2月発売の13代目「スカイライン」を巡り、日産自動車社内で外国人幹部と日本人幹部の意見が割れた。

古くは「ハコスカ」などで知られる同車種は1957年に発売した「日産で最も長い歴史を持つ重要な車」(副社長の西川広人、60)だ。高級車ブランド「インフィニティ」は社長のカルロス・ゴーン(59)も力を入れる。一部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン