不動産バブル指標、注視を
倉橋透 独協大学教授

2013/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
<ポイント>
○IMFが21カ国の不動産バブル崩壊を分析
○首都圏中古マンション市場で在庫が大幅減
○市場注視のため先行指標の実証研究が必要

2013年7~9月期の国内総生産(GDP)1次速報値は、実質成長率が季節調整済み年率換算で1.9%、名目成長率は同1.6%となった。実質、名目ともに4四半期連続のプラス成長になっている。景気の回復傾向に伴って、大都市圏ではマンション販売が伸びるなど、不動産市場も回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]