/

この記事は会員限定です

GDPが示すアベノミクスの現在

[有料会員限定]

先日公表された7~9月の実質国内総生産(GDP)成長率は年率1.9%と、4%近い高成長だった年前半に比べ大きく減速した。それでも景気回復の持続には十分な数字だが、その中身には気がかりな面も多い。

アベノミクス効果で期待されたのは株高による個人消費の堅調と、円安に伴う輸出増加だったが、個人消費はほぼ横ばいにまで減速した。もちろん、年前半が出来過ぎだった反動と言えるが、もともと家計の株式保有の少ない日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン