/

この記事は会員限定です

合う会社は?見極め必死 内定率64%、15万人なお就活

大学生、中小企業に熱視線

[有料会員限定]
合同就職面接会で、受け付けをする大学生ら(15日、東京都新宿区)

合同就職面接会で、受け付けをする大学生ら(15日、東京都新宿区)

15日公表された来春卒業予定の大学生の就職内定率は、10月1日時点で64.3%と3年連続で上昇した。アベノミクス効果で出足は好調だが、まだ内定を得られていない約15万7千人の学生は就職活動を続けている。「自分に合った会社はあるのか」。卒業まで残り約4カ月。焦りが出始める中、学生らは適性にあった企業を選ぼうと必死で、大学も支援に力を入れている。(総合2面参照

15日、東京都新宿区で開かれた合同就職...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン