/

この記事は会員限定です

(復活 資本市場)(下)長期マネー 市場に厚み

[有料会員限定]

昨年の衆院解散表明から始まった「アベノミクス相場」が、ちょうど1年を迎えた14日。東京株式市場では日経平均株価が約半年ぶりの高値を付け、節目の1万5000円台をうかがう展開となった。米量的金融緩和の長期化観測も追い風に、投資マネーは日本の景気浮揚と企業の業績拡大への期待を強めている。

なかでも最大の買い手として株高を主導してきたのは海外勢。売買シェアはほぼ一貫して6割を超えるが、中身はずいぶん入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン