/

この記事は会員限定です

立命館大学ゲーム研究センター

ソフト4000点 魅力に迫る

[有料会員限定]

ビデオゲームは日本で発展し、世界に広がった。ゲーム機本体からコンテンツ開発まで関連する企業や技術は多く、一大産業に成長した。立命館大学ゲーム研究センターは、ビデオゲームを中心に玩具を多様な視点から研究する機関だ。

□ ■ □

設立は2011年4月。任天堂で家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」(ファミコン)の開発を指揮した上村雅之(70)をセンター長に招き、映像学部、情報理工学部、法学部など5学部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン