/

この記事は会員限定です

再生医療、日本が出遅れ挽回へ

欧米韓と承認数で差

[有料会員限定]

日本の再生医療はこれまで、承認のためのハードルが高く、世界に比べて実用化が遅れてきた。だが今年4月に超党派で再生医療推進法が成立。現在の国会でも再生医療の早期承認も含む薬事法の改正や、再生医療等安全性確保法が審議される見込みだ。薬事法などが改正されれば早期の承認が期待でき、再生医療市場に追い風となる。

細胞を利用する再生医療製品について、工場で生産する通常の医薬品と同等に生産設備の評価をするのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン