/

この記事は会員限定です

国民性が傷める財政

優しさと無責任が同居 本社コラムニスト 平田育夫

[有料会員限定]

大人版の学力テストといえる国際成人力調査では3分野のうち2分野で日本が1位に輝いた。一時落ち込んだ経済の国際競争力も今年は9位に上昇。日本人の理解度や底力を示す。

ならば、なぜ? とますます不思議なのが財政の突出した悪さだ。国内総生産に対する公的債務残高の比率は先進国で1位。消費税の増税後もこの不名誉な順位は当分変わらない。

高齢化の進み方はやや速いものの、財政をめぐる環境は欧米諸国とさほど違わな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1870文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン