(集団的自衛権の論点(上))国際協力、安全保障の基本
中西寛 京都大学教授

2013/10/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
<ポイント>
○日本の安保に集団的自衛権は最大の課題
○行使しないという従来解釈は政治的解釈
○「個別的」と「集団的」の区別には問題あり

今年7月の参院選で与党が勝利し、国会のねじれ状態が解消されたことを受けて、安倍晋三政権は安全保障問題への取り組みを本格化し始めている。日本版国家安全保障会議(NSC)設置法案と特定秘密保護法案を臨時国会に提出するし、年末にかけて国家安全保障戦略や新たな防衛計画の大綱を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]