/

この記事は会員限定です

メガソーラー 「天敵」退治

鳥で除草、影作らず/瓦敷いて熱抑える

[有料会員限定]

大分県宇佐市にある大分石油の太陽光発電所。見慣れない大型の鳥が雑草をはんでいる。ダチョウの一種、エミューだ。7月から除草対策で6羽がヤギとともに放し飼いにされている。体長は約1.5~2メートルで気質はおとなしい。同社の担当者は「周囲は田んぼ。エコな発電所なので除草剤には頼りません」と胸を張る。将来は成鳥を食肉に利用することも検討しているという。

各地の大規模太陽光発電所(メガソーラー)で、広大な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン