/

この記事は会員限定です

宮内義彦(28)かんぽの宿騒動

風評被害で会社傷つく 「出来レース」、臆測に過ぎず

[有料会員限定]

オリックスが思いがけず話題にされることは、わたしが規制改革会議から身を引いた後も時折あった。その中で、今も得心できないのは「かんぽの宿」を巡る騒動だ。

2008年12月、日本郵政は年間数十億円の赤字漬けだったかんぽの宿の一括譲渡先にオリックス不動産を選んだ。それが発表されてしばらくすると、所管する総務相が待ったをかけたのだ。その理由が不可解きわまりない。「規制改革会議の議長だった宮内氏は郵政民営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン