/

この記事は会員限定です

高齢者勧誘ルール、銀行に悩みの種

[有料会員限定]

日本証券業協会がつくった高齢顧客向けの勧誘ルールへの対応に、銀行が追われている。75歳以上の顧客に株式投資信託などを販売する場合、役職者による事前承認や、面談内容の録音などを求める内容。80歳以上の場合は、営業の担当者とは別の役職者が、勧誘の翌日以降に受注の手続きをしなければならない。

日証協は12月の適用をめざす。銀行は日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン