/

この記事は会員限定です

東芝(下) 実力試される「M&A巧者」

[有料会員限定]

10月に実施される東京電力のスマートメーター(次世代電力計)入札に向け、関連メーカーの動きが慌ただしい。今後10年間で2700万世帯に導入する機器の生産に関われるかは死活問題だ。

買収企業けん引

この一大プロジェクトで東芝は、メーターとネットワークをつなぐ通信システム部分を、NECなどとの企業連合で5月に受注している。横田岳志執行役常務は「海外と共通性の高い仕様にした点が評価された」と話す。勝負どころでモノを言っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン