/

この記事は会員限定です

国債増発懸念 薄らぐ

長期金利は低下傾向に

[有料会員限定]

来年4月の消費増税をにらみ、政府はデフレに逆戻りするのを防ぐことを目的に大型の経済対策を検討している。補正を含め大規模な予算編成を伴えば国債の増発が予想されるが、市場関係者の間では「前年度の剰余金を活用することなどで大幅な増発は避けられそうだ」との声が出ている。長期金利は低下傾向が鮮明となっている。

長期金利の指標となる新発10年債利回りは18日、0.705%まで低下し、8月30日以来2週間半ぶり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン