/

この記事は会員限定です

「依って来る所以」の重み

特別編集委員 末村篤

[有料会員限定]

安倍晋三政権が消費税増税と法人税減税で揺れている。政治の要諦である税の難しさは古今東西に共通だが、日本には景気への配慮以外にも、ことさら難しくする「依(よ)って来る所以(ゆえん)」がある。

□  ■  □

日本経済の長期停滞の遠因は、1970年代の変動相場制と時価発行増資への移行後も、株式持ち合いと土地本位制信用創造で時価と簿価の差額(含み益)を利用する市場経済の禁じ手を使い続けた点にある。

取得原価主義...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン