特許訴訟、アップルに援護射撃 ロビー活動見直し奏功

2013/8/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

オバマ米大統領は先週、アップルが関係した特許侵害をめぐる米国際貿易委員会(ITC)の決定を覆した。アップルに有利となる介入で、ワシントンでは多くの人が驚いた。背景ではアップルがティム・クック最高経営責任者(CEO)の下でロビー活動戦略を見直していた。

公表資料によると、アップルは昨年初めからこれまでに250万ドルを使って議会、連邦取引委員会(FTC)、司法省にITCや特許制度の改革を求め働きかけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]