地域を支える(2) 働く場をつくる 仕事の形 柔軟に変化

2013/7/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

沖縄県中部の恩納村。リゾートビーチのすぐそばに横2メートル、縦7メートルの養殖タンクが100以上も並ぶ。山城武光(80)は早朝から5時間、海ブドウの収穫に汗を流す。

一房ずつすくい上げては丁寧に選別し、ひとりで年間700キロ、3万5000食分を出荷する。「65歳で引退するつもりだった。今も働けているのは海ブドウのおかげ」と日焼けした顔で話す。

体力に合わせて

主要産業だったモズク養殖はダイバースー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]