/

この記事は会員限定です

(63)IJPC清算(1990年) イラン革命・戦争が翻弄

カントリーリスク、教訓に

[有料会員限定]

イラン・ジャパン石油化学(IJPC)は、三井物産を中心とする三井グループがイランで進めた巨大石油化学事業である。ペルシャ湾に臨むコンビナートは全体の85%まで建設を終えながら、革命、戦争と予期せぬ困難に次々見舞われ、日本側は完成を見ることなく撤退した。

大桟橋に停泊する大型客船。山下公園を散策する子供連れ。ホテルニューグランド(横浜市)の窓の外にはあの日と同じ横浜港が広がる。

1989年9月11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン